中高生英会話の特徴

社会に求められる英語の4技能の習得

2020年度に大学入試改革が行われます。 これによってセンター試験で主に問われていた「聞く」「読む」の2技能だけではなく、「話す」「書く」を含めた4技能全てが求められるようになります。 日常的に使用しない表現が多く含まれる参考書の暗記だけではなく、より実践的で総合的な英語力の習得が目標となります。 ヨーロッパや他のアジア諸国に比べて英語教育が遅れていた日本も、ようやくグローバル基準に追いつくように舵を切りました。 中高生のみなさん、英語ができるだけでなく、「英語で何かができる」大人になるために今から準備をしましょう。

基本的なレッスンの流れ

① ターゲット言語の習得
(基本表現の練習・定着)

まずはターゲットになる語彙や表現を習得していきます。 テキストブックやプリントなどを用いてパターン演習を行い、ターゲット表現の意味の確認や用法の理解をしながら練習していきます。 ペアワークや様々なグループアクティビティによって、オリジナルの文を作りながらターゲット言語の定着をはかります。

② 自己表現力の習得
(スピーチやディスカッションによる実践)

実際の会話は物事の説明だけではありません。 自分の意見を言い、相手の話を聞き、「対話」するものです。 基本表現を用いて自分について相手に伝える練習やスピーチ、自由作文などで自己表現力アップをはかります。 またクラス内で発表する練習を通して、社会で必要なプレゼンテーション能力を養成します。

中学生英会話レッスン写真 高校生英会話レッスン写真 中学生英会話レッスン写真


高校生クラス

お問い合わせ

下記よりお気軽にお問い合わせください。

営業時間 14:00-21:30(土日祝定休)

ページトップへ戻る